2019/5/31

IDE TOKYO ドローンソリューション&技術展2019

 
 
 
 
5月29~31日の3日間東京ビックサイト青梅展示棟で開催されたTOKYOドローンソリューション&技術展 2019に参加してきました。
 
この展示会は、ワイヤレスジャパン2019 / ワイヤレスIoT EXPO2019、ワイヤレス・テクノロジー・パーク2019、運輸・交通システムEXPO2019と同時開催で、メインは、次世代携帯電話5G等日本を代表するIT関連、通信機器メーカ、携帯電話各社の最新技術の展示会であった。
メイン展示場は、企業ビジネスを中心としたBTBの展示説明会・企業マッチングの場であった。
 
私は、ドローン関連の展示ブースを中心に見て回った。
セミナーでは、『37,000会員!ドローンユーザーのためのプラットフォーム「SORAPASS」の取り組み 熊田 雅之 氏(ブルーイノベーション株式会社 専務取締役)』の講演を聞く機会があった。
SORAPASSケアーの内容は、ドローン専用飛行支援地図サービスに加えて、業務中に発生した事故と、ホビー利用中に発生した事故どちらも補償対象となる業界初の賠償責任保険ということになる。
 
業界初と言われる新電波法対応のプロポ&無線システムがTKKWORKSという会社のブースで展示されていた。169MHzと2.4GHzに対応し最大出力1Wのプロポであった。当然、無線従事者の資格と無線局の開局が必要とのことであった。
市販時期は、秋ごろの予定ということである。無線や伝送システムには特に興味がある。
 
日本ドローン無線協会のブースでボーダックの5.7GHz帯のビデオ無線伝送システムが展示されていた。送信機で僅か6g、受信機が45gということである。送信出力が10mwとはいえ、電波法ではれっきとした5.7GHzの無線設備である。当然、無線従事者の資格と、無線局免許が必要となる。主なユーザーはテレビ局番組制作会社だそうだ。